2009年09月14日

【読みました】じんべえ(あだち充)

じんべえ(Wikipedia)
1992〜1997年にビッグコミックオリジナルに不定期連載されたマンガ。1998年にはドラマ化もされたそうですが、全然知りませんでした(^^;。

じんべえ (小学館文庫 あ 1-1)じんべえ (小学館文庫 あ 1-1)

小学館 2007-09-15
売り上げランキング : 122501
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


続きを読む
posted by くあい at 08:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 漫画(旧作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

めぞん一刻ゆかりの駅舎取り壊し

めぞん一刻ゆかりと言われる西武池袋線東久留米駅北口駅舎が取り壊されるのに合わせ記念イベントが開催されるとか。

続きを読む
posted by くあい at 11:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画(旧作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

みゆき、鋭意収集中

あだち充の「みゆき」を文庫版で集めてます。

続きを読む
posted by くあい at 09:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画(旧作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

みゆき(あだち充) 第1巻(文庫)

今更なんですけど、文庫本を集め始めました。

続きを読む
posted by くあい at 08:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画(旧作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

巨人の星、まだ最終回じゃなかった(^^;

あんまり真面目に観てるわけではないのですが、東京MXでやっている巨人の星が今日最終回だと思ってたら、まだ終わりませんでした(^^;。多分明日こそは本当に終わると思いますけど…。最後に観たのがいつだったかよく思い出せないのですけど、最終回はやっぱり結構引っ張ってたんですね。
posted by くあい at 07:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画(旧作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

西洋骨董洋菓子店の原作

アニメで観てる「西洋骨董洋菓子店(アンティーク)」の原作を文庫化したのが本屋に並んでるのを見て、食指を動かされてます(^^;。全3巻。

20巻もあると買う気も起きないのですが、逆にこのくらいのコンパクトさだと悩んでしまいます。ただ、アニメで観てるので(多分内容同じだし)、ちょっと時間を置いているところです。
posted by くあい at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画(旧作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

ひがしむらやま鬼太郎ワールド

どういう訳かよく分からないのですが、東村山の中央公民館で「ひがしむらやま鬼太郎ワールド」なる催し物をやるらしいです。パネル展示と映画上映、映画は抽選ですけど、無料なんだそうで…。

あんまり大きな場所ではないのでそれほどものすごい内容があるとも思えませんけど、ただなら見てもいいかなと思ったり(^^;。

それにしても、調布は鬼太郎で有名でしたけど、なんで東村山?という感じはします。もしかして、巡回して廻ってるのかな?
posted by くあい at 08:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画(旧作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

ガチャバイ、読み終わりました

ガチャバイ(はるき悦巳)
ガチャバイ、入手

ちょっと終りが唐突な感じがしないでもありませんが、とても面白い作品でした。一応、仄めかされていた伏線はほぼきれいに解決して終わってますが、ほんのわずか、語り尽くしていないところが残されているのが良いですねえ。こういう余韻のある終わり方をする作品、好きです。

この作品、前半を描いたところで作者都合で中断してしまい、実に17年後に再開されて完結したという、曰く付きの作品です。というわけで、上巻と下巻では微妙に雰囲気の違いを感じないと言ったら嘘になりますが、逆に言うと、それだけ間が開いている割りには統一が取れているとも思えます。ただ、話をまとめるのにやや急いだ観のある後半に比べると、自由闊達にキャラが動いていてどこに向かうのか分からない前半の面白さが若干勝っているかなと思います。いや、後半も良いですよ。特に最終話とかなかなか面白いです。

じゃりン子チエみたいに広く読まれてほしいですが、流通数が多くはないようで入手はやや難しいみたい。残念ですが…。

posted by くあい at 23:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画(旧作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

ガチャバイ、入手

ガチャバイちゅうのは、そやな、どおしよおもない奴らのことやねん。」なんだそうですが…。


別々の発注先に発注してたのですが、運良く上下2巻ともほぼ同時に到着しました。早速読み始めたのですが、やはり、「じゃりン子チエ」なみか、それ以上の濃密なお話なので、読みとばし出来ません。舐めるように読んでます。内容が深いのもそうなんですが、軽々読んじゃうと勿体なくてついつい、文学作品でも読むように(笑)、かなり丁寧に読んでます。また、それだけの価値があるように思えます。

にしても、主人公の咲(男)は、見かけはマサル(チエの敵役)そのものですな。マサルとコケザルとチエの良いところを全部組み合わせて抽出したみたいな、かなり優秀なキャラです。一方、何故か彼を慕うゴマメは、見かけは髪を切ってポッチリをなくしたチエちゃんという感じですが、「じゃりン子チエ」には比肩すべき子がいないような純情かつ積極的(?)なタイプ。強いて言えば、「日の出食堂の青春」のみっちゃんが小さい頃という感じでしょうか。もっとも、彼女も見かけだけなら、チエちゃん瓜二つですが。

全26話の内、まだ5話しか読めてません。が、なんか全話読んでしまうのが勿体ないような気分です。

前回記事
posted by くあい at 02:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画(旧作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

ガチャバイ(はるき悦巳)

はるき悦巳さんの作品はじゃりン子チエと日の出食堂の青春以外は知らなかったのですが、この作品は一応、単行本を入手できる事がわかり、ただいま取り寄せ中です。早ければ週末には手に入るかな? 楽しみにしています。上下2巻構成ですが、上巻と下巻の間に時間差が17年だかあったとの事。すごいです…。

ガチャバイ (上巻)
ガチャバイ (上巻)はるき 悦巳

小学館 1998-07
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ガチャバイ 下  ビッグコミックススペシャル
ガチャバイ 下    ビッグコミックススペシャルはるき 悦巳

小学館 1999-03
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by くあい at 23:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画(旧作) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。