2008年03月25日

青空文庫 全

青空文庫と言えば、著作権が切れた作品をボランティアでデジタル化して公開しているネット上の『図書館』として有名ですが、先日近所の図書館に行ったら、その青空文庫に登録されている全作品を収録したDVD付小冊子が新刊として貸し出されていたので早速借りてきました。

いや、勿論、ネットで直接アクセスすれば良いのですが、著作権保護期間延長の動きもありますし、一応バックアップみたいな形で手元に持っておきたいなあと思ってましたので、丁度良かったというか…。

この冊子、販売されている訳ではなく、各地の図書館に青空文庫側から寄贈されているものらしいです。

まあ、著作権についてもいろいろと考えはあるとは思いますが、個人的には青空文庫の趣旨に賛同して著作権保護期間の延長には否定的な意見を持っておりますので、上記のDVDをコピーさせていただき早速活用させていただいています。
posted by くあい at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本と雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

R25

フリーペーパーR25/L25が本日からwebでほぼ完全配信されるとか。

物理的な年齢的には自分に合ってないのですが、時々面白い記事があると思います。ただ、自分の移動経路では殆ど入手不可能だったので、web化されるのは歓迎ですね。

でも、さっき見たら、まだ切り替わってない?模様。時間が速すぎたかな。
http://r25.jp/
posted by くあい at 08:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本と雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

このアニメがすごい! 絶対観たい"超名作"編

図書館から借りてきて読んでます。いやあ、最近の図書館はいろんな本が置いてあって面白いです(笑)。

これ、2004年版なんでちと古いんですけど、内容は面白いです。実は知らない作品がまだまだいっぱいあるし、『名作』といわれてるものでも内容を全然知らなかったりすることもあるので、勉強になります(笑)。

プラネテスやハウルの動く城が、新作として紹介されてるんですよね。いや、なかなか楽しいです。ここで取り上げられている作品は、レンタルショップに行くと大概並んでるようなものが多いので、チェックしとこうと思います。と言いつつ、実は、前に一度観たものの話の内容が今一つよく理解できなかった「攻殻機動隊」(映画)を既に借りてきて待機させてます。早く観ないと…。

このアニメがすごいこのアニメがすごい

宝島社 2004-02
売り上げランキング : 192138

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by くあい at 00:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本と雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

イミダス・知恵蔵 休刊

知恵蔵が休刊というのは聞いてましたが、イミダスもとうとう休刊なんですね。名残惜しい感じもする反面、よくよく考えてみると自分でも買わないですからね(^^;)。

ネット上で入手できる情報との比較では、量と迅速性、情報の鮮度、コストで紙媒体は勝負になりませんからね。まあ、ネットだとかなり怪しいのも多いですけど。

紙ものだと、あと、あのボリューム…結局段々と引くのが億劫になって本棚の肥やしになります。たまにパラパラと覗いてみると結構面白いんですけどね。本棚から本が溢れる環境ではちょっと買うのに勇気が要ります。

残念ですが、これが時代ってもんなんでしょうね。
posted by くあい at 12:44| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本と雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

最近ブックオフでチェックしてるのは…

最近、村上春樹に凝り出して、見かけた本は手当たり次第に(ただし105円で)買いまくってますが(笑)、他にもチェック入れてる作家が何人かいます。

まず、阿刀田高。
いつぐらいからかな? もう多分20年ぐらい前からファンです。根こそぎ読むのが好きというほどでもないのですが、「ナポレオン狂」以来の短編、「ギリシア神話を知っていますか」以来の古典紹介もの、「新トロイア物語」や「怪談」などの長編、どのジャンルも面白いです。
ただ、作品が膨大なだけに、比較するとややインパクトが弱いものも多少はありますね。

それと、最近、個人的にリバイバル?してるのが三浦哲郎。
昔、「忍ぶ川」をテレビドラマで観て感動して原作の小説を読んで以来、何冊か小説やエッセイにはまってました。ただ、フィクションの度合いが高いものではなくて、私小説的な系統のものばかり読んでたのですが、最近、作家本人が自分の作品について語っている本を読んでなんだか、いろいろと読んでみたいと思って、チェックを入れ始めました。でも、探してみると却って見当たらなかったりするんですよね。う〜ん、不思議だ。

あと、手塚治虫の「三つ目が通る」を探してます。漸く1〜5巻(文庫本)まで手に入ったのですが、ここでしばらく足踏み状態です。ブラックジャックは、連載中も割と読み通していた記憶があるのですが、「三つ目」の方は、なんだか途中で糸がプツンと切れてて気になってるんですよね。

あと、冒頭に書いた村上春樹と、それからxxxHolicとケロロ軍曹が105円ででてないかは大体いつもチェックしてますね(笑)。
posted by くあい at 01:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本と雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

のだめ in 英語でしゃべらナイト

もしかしたら番組でも取り上げたのかな? 最近、TVの方はさっぱり観てないので分かりません。
でも、ここで言ってるのは、雑誌の方のことです。
http://www.ascom-inc.jp/11981.html

のだめカンタービレが英語化されてアメリカでも刊行されてます、という記事。二宮先生のインタビューと合わせて2ページほどのコンパクトな内容ですね。

作者ご自身は、よもや英語版が出るとは思ってもいなかったので、全然、日本人以外の読者を前提にしていなかった、だから、日本のギャグセンスが外国で通用するのか疑問に思っていた、と言うような事をおっしゃられてますが、内容が内容ですから、特にヨーロッパ(ついでにアメリカ)でも読まれておかしくない作品だと思います。ただ、(一般の人の)漫画に対する意識が日本とは違うので、その辺がどう影響してくるのかよく分かりませんが。

概して内容としては、のだめファンがおおっと驚くほどのネタはなかったように感じました…(^^;。(英語版自体の存在は随分前から知られてますよね?… ただアメリカで売ってるとは知りませんでした)
posted by くあい at 07:53| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本と雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

くあいさんの偏愛マップ 愛読書(フィクション)編

偏愛マップの続き。 今度は愛読書(フィクション)。個別でやってくときりがないので、今回は作者とかでできるだけ括れるようなものを上げます。 多分漏れも多いので適宜補います。

 

ドリトル先生シリーズ(ロフティング)
恐らく初めてはまった本。小学5〜6年時に愛読してました。最近、文庫版とか原作をホソボソと集めてます。

星新一の一連の著作
小学校の頃「ほら男爵現代の冒険」 を友人に勧められて読んではまって以来、高校ぐらいまで結構熱心に読んでました。でも未読のものも多いような気もします。

三浦哲郎のいくつかの著作
有名な映画版ではなく、 テレビの昼の帯ドラマでやってた「忍ぶ川」を観てはまりました。(生まれて初めてはまったドラマだと思います(笑)。) そこから遡って、 原作の「忍ぶ川」や中学の教科書に出ていた「笹舟日記」、朝日新聞で連載されていた「素顔」等、 私小説的系列の作品を追っかけてよく読んでました。

オヨヨ大統領シリーズ(小林信彦)
小学高学年〜中学ぐらいの時に好きでした。 一応全部持ってたはずだったのに、先日帰省時に発掘作業したら後の方の巻がなくなってたなあ。どこ行っちゃったんだろう。ちなみに、 今はもう絶版みたい…。

ペルシダーシリーズ/火星シリーズ(バローズ)
これも小学高学年ぐらいの時に熱心に読んでたけれど、 今思うとあんまりよく内容が分かってなかったんだろうなあ。 先日の発掘作業では火星シリーズは全部発見回収したけれどペルシダーは一冊もありませんでした。これも絶版だからなあ、ちょっと悲しいです。

ファウンデーションシリーズ/ロボットものシリーズ(アシモフ)
これはだいぶ飛んで、 大学頃からかな? 高校の同級生に創元文庫の「銀河帝国の興亡」をもらったのを読んでから以降、断続的に何度も読みました。 アシモフの本は割と読んだような気がします。今、『アシモフ公認』の肩書の新ファウンデーションものが本棚に積んであって、 読んだものか迷ってます(笑)。

銀河英雄伝説シリーズ(田中芳樹)
WOWOWでアニメ版を観てから原作を(外伝も含め)全部読みました。 今は自信ないけれど、当時は、人名の誤植を即座に見つけ出せるほど熱心に読んでました(笑)。

2001年〜3001年(クラーク)
よく分からなかった 「2001年宇宙の旅」の謎解きのようなつもりで読み始めて、このシリーズの本は一時期熱心に読んでました。先に行くに従って、 内容は分かりやすくなったような気がします。

横溝正史の推理もの
角川映画の「犬神家の一族」 でブームが始まった頃から、主な作品はひと通り読みました。がきれいさっぱり忘れてしまったものも多いです(^_^; 。

小田島雄志のシェークスピア全集
大学の頃にシェークスピア・ シアターの劇をよく観てた時期があって、全集本を古本屋で集めてよく読んでました。小田島さんの解説ものも一緒に読んでました。

筒井康隆の一連の著作
高校ぐらいからぽちぽちと読み始め、 モロッコで数ヶ月住んでた頃に集中的に読んでました。でも、その後の割と新しい作品は殆ど読んでません。最近、 七瀬シリーズを読んで改めてやられました(笑)。

松本清張のいくつか
映画の「砂の器」 で打ち負かされて原作を読んでからしばらくの間、当時の新作をいくつか読みました。でも、全体から見るとほんのわずか。最近、 他の作品を改めて読んでみたいなあと思っています。

小松左京の主立った著作
やはりモロッコにこもってた頃、 「アパッチ」やら「日本沈没」「さよならジュピター」その他そこそこの数の中短編集を集中的に読みました。その後「首都消失」も読んだなあ。 「日本沈没」は近々リメイクされるとか…。

阿刀田高の著作
「ナポレオン狂」から始まって近作に至るまで、 かなりの数の長編・短編集・ノンフィクションものを読みました。今でも面白い作品がないか常時チェックしている作家です。

ホーガンの巨人シリーズ
最も最近はまったSF3部作。 近々続編に取り組む予定。

クリスティのいくつかの推理もの
ポアロのいくつかの作品を一時期集中的に読んでました。 アクロイドとオリエント急行、そしてカーテンの3つを読んで、もうこれ以上度肝を抜かれる解決はあり得ないだろうと感じました。ちなみに 「そして誰もいなくなった」と「カーテン」は英語でしか読んでないので、もしかしたら何か誤解してるかもしれないと前から感じてます(笑)。

篠田節子のいくつか
始めてよんだ「百年の恋」 は今一つ波長が合わなかったが、朝日新聞で連載された「讃歌」は共感はできないものの面白かった。その後「ハルモニア」も読み、近々 「カノン」を読む予定。

井上ひさしのいくつか
「ブンとフン」が大好き。 「ドン松五郎の生活」とか「吉里吉里人」も熱心に読んだ。今「四千万歩の男」が積ん読中。

今現在読んでいる作品
「樅の木は残った」(山本周五郎)

posted by くあい at 00:57| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 本と雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

今週の積ん読(笑)

「ハルモニア」を読みきれないでいるうちに、また増えました(^^;。 こういう性格なんで図書館の本で済ませる事がなかなかできません(^^;;;。

ノルウェイの森(村上春樹)上下

言わずと知れた有名作ですが、実は村上春樹は全然読んだ事がありません。 試しに一つと言う事で、一番名の知れてる?のからと思って…。

 

4062748681 ノルウェイの森 上
村上 春樹

講談社 2004-09-15
売り上げランキング : 1,919

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
4061848933

ノルウェイの森〈下〉
村上 春樹

講談社 1991-04
売り上げランキング : 3,058

Amazonで詳しく見る

by G-Tools

 

偏愛マップ(齋藤孝)

齋藤孝の本も見かけると取り敢えず何にも考えずに買ってきてます。 この本も絵がいっぱいで面白そう。でも、「座右のゲーテ」がまだ読みかけだった(^_^; 。

 

4757101287

偏愛マップ―キラいな人がいなくなる コミュニケーション・メソッド
齋藤 孝

NTT出版 2004-03-27
売り上げランキング : 5,717

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

ドリトル先生月へゆく(ロフティング 井伏鱒二訳)

「月からの使い」を読んだ後 中断しておりましたが、とうとう「月へゆく」 が調達できました(^-^)。でも「月から帰る」はまだ見つけておりません。

 

4001140284 ドリトル先生月へゆく
ヒュー ロフティング Hugh Lofting 井伏 鱒二

岩波書店 2000-11
売り上げランキング : 71,710

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

それにしても、もうちょっと頑張って読まないと積んでる本ばかりになってしまう…

posted by くあい at 01:02| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 本と雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

新たなる積ん読(笑)

7月に入って新たに積ん読追加。

ガニメデの優しい巨人(J.P.ホーガン)

先日読んだ「星を継ぐもの」の続編。 今回最大の期待本(笑)

4488663028

ガニメデの優しい巨人
ジェイムズ・P・ホーガン

東京創元社 1981-07
売り上げランキング : 9,340

Amazonで詳しく見る 
by G-Tools

エジプト十字架の謎(E.クイーン)

実はちゃんと読んでなくてもう一度読みたいと思っていたのになかなか見かけなかったのですが、 ぴかぴかのきれいなのが105円で出てたので衝動買いしてしまいました。

4488104096

エジプト十字架の謎
エラリー・クイーン

東京創元社 1959-09
売り上げランキング : 133,834

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

絶対音感(最相葉月)

以前、 図書館で借りて途中まで読んでたのに読み終わらないうちに返却期限が来てしまったのでそのままになってました(^^;。 そのうち最後まで読んでみたいなと…。賛否両論飛び交ってて興味あります(笑)。

4094030662

絶対音感
最相 葉月

小学館 2002-09
売り上げランキング : 27,829

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

体にいい寄生虫(藤田絃一郎)

藤田先生の本は見かけたら取り敢えず何も考えずにまず買う事にしてます(ブックオフで投げ売りしてたらですが…(笑) )。 講演で直接お話しを聴いた事も2回ありますし昔NHKの人間講座で寄生虫の話をやってた時は毎回観てました。結構、 追っかけに近いかもしれない(笑)。でも面白いです。

4062648555

体にいい寄生虫―ダイエットから花粉症まで
藤田 紘一郎

講談社 2000-12
売り上げランキング : 41,307

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

現代音楽の冒険(間宮芳生)

現代音楽って、満更嫌いではないです。ものによっては全然ダメなのも多いですが。 パラパラと眺めていたら結構面白そうなので買っては来ましたが今回の新入りでは一番長く積ん読になりそうな気もします(^^;。

4004301238

現代音楽の冒険
間宮 芳生

岩波書店 1990-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by くあい at 09:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本と雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月25日

雪の女王(アンデルセン)

少し思い出した。確か、小学館の『小学何年生』だかのお話しコーナーに昔「雪の女王」が載っていたように思う。 冷たくなったカイの絵が出てたのを何となく覚えている。いきなりゲルダが「雪の女王」の城に行ってたような… 要はそこに至るまでの経過は全然真面目に読んでなかったのだろうなあ(^^;。

先日買ったアンデルセン童話集の中の「雪の女王」を読んだ。正式名称は「雪の女王−七つのお話しからできている物語−」。 ちゃんと原作を読むのは多分これが初めてだと思う。

雪の女王のお城にゲルダがたどり着くまでが6つのお話しになっている。お話し一つ一つは確かにかなり独立性が強い。 どちらかと言うと世界昔話集と言う感じ(笑)。そして最後にゲルダがカイと再会すると言う構成。吟遊詩人とかは出てきません。

やはりアニメは原作の面影をわずかに残しながらも強力に再構成されているので、別物と考えて良さそうな気がする。勿論、 大筋は同じなんだろうけど。ただアニメを観てて謎だった部分は原作を読んでも全然分からない。『雪の女王』その人の正体とか、 鏡は何故割れたのかとか…。アニメの展開に期待したい。

同じNHKアニメ劇場の「火の鳥」は原作をかなり端折ってなんとか回数に収めたと言う感じがするのだが、「雪の女王」 の場合は逆に短い原作を元に豊潤にキャラクターやストーリーを膨らませている感じがする。 アンデルセンの原作も童話的で素朴な味わいがあって良いのだが、 キャラクターの造形の深さやストーリーの奥行きの深さから言ってアニメ版の方が面白く感じる。

なんだか、原作の話ではなくアニメの話になってしまった。

posted by くあい at 01:27| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本と雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。