2005年07月31日

第10惑星

左サイドバーのMyClipにも記事を拾っておいたが、 冥王星の向こう側にもう一つ惑星があるらしい。最近読んだホーガンの「星を継ぐもの」の世界観に影響を与えかねない重要事件かも(笑)。

ちなみに、科学的な考証はかなり適当である「宇宙戦艦ヤマト2」によると、第10惑星には古代文明の遺跡があるそうである。 意外と真実に近かったりして(まさかとは思うが…でもホントにそうだったりしたら、さすがにちょっと複雑な心境)

 


追記: 取り上げて頂きました。感謝です(笑)。みなさん、やはり、いろいろと思うところがあるようですね。

太陽系10番目の惑星発見?   (〜ブログで情報収集!Blog-Headline)

〜「太陽系10番目の惑星発見?」 に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。

 


更に追記:単純に『惑星』発見という事でもないようですね。宇宙は奥が深い…。

太陽系に第10惑星(〜雑記)



posted by くあい at 16:30| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(4) | 注目記事! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TB返し有難うございました。

自分のBlogに関連書籍を取り上げましたが、その本の中で『古代シュメール人には第10惑星の存在が信じられており、遺伝子操作が行える程高度な技術を持った異星人が住んでいた』というのが大変興味深いです。
「宇宙戦艦ヤマト2」設定とのダブりようが気になりますね。
Posted by 文里 at 2005年07月31日 19:41
文里さん、こんにちは。
なるほど、偶然かとは思いますが、妙な符合ですね。
Posted by くあい at 2005年07月31日 20:55
はじめまして!押しかけでトラバさせていただきました。
『星を継ぐもの』は発刊当時日本のSFファンの間ですごく話題になったのに、本国アメリカではあまり知られていない名作です。
続編2編もなかなか壮大なのでぜひご一読を。

地球と月のバランスや金星の動きに天王星のコケた自転軸など、そもそも太陽系だけでも一見矛盾だらけの惑星ばかりなので、新発見ごとに何が起こってもフシギでないところが楽しいですね!
Posted by よろづ屋TOM at 2005年08月01日 17:49
よろづ屋TOMさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
ホーガンの3部作はちょうど「巨人たちの星」を読んでいるところです。「星を継ぐもの」と「ガニメデの優しい巨人」は読んでて震えてくるほど面白かったですね。3作目はまだちょっとそこまで行ってません(笑)。
Posted by くあい at 2005年08月01日 23:56

この記事へのトラックバック

太陽系10番目の惑星発見?
Excerpt: 「太陽系10番目の惑星発見?」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみまし...
Weblog: ブログで情報収集!Blog-Headline
Tracked: 2005-07-31 18:19

太陽系に第10惑星
Excerpt: 昨日発表されたニュースです。 …って、これ昨年3月に発表されませんでしたっけ?σ(^_^;) 別サイトの日記(※)に、このネタ書いた覚えがあるんですが。…と思ったら別の天体ですか。 当時発表された『..
Weblog: 雑記
Tracked: 2005-07-31 18:46

やたっ。太陽系10番惑星『プロメテ』発見かっっっっ!?
Excerpt: (画像は海王星*The Nine Planetsさんからお借りしました)  7
Weblog: ブツクサ徒然ぐさ
Tracked: 2005-08-01 17:17

第10惑星
Excerpt: 冥王星の外側に、もう一つ惑星が見付かったらしい。 (米航空宇宙局(NASA)のジ
Weblog: 問はず語り
Tracked: 2005-08-02 00:02

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。