2005年03月22日

お葬式にかけたい曲

自分の葬式で流したい曲という記事を読んだ。

http://music.yahoo.co.jp/rock/music_news/barks/20050316/lauent002.html

記事の内容については、特にコメント付ける程よく分からないのだが、こういう事をぼんやりと自分でも考えた事がある。実に個人的な事だから、どんな答えだってありだろう。

今のところ、もし自分が死んじゃったらかけてほしいと思うのは、サンサーンス最晩年の最後の3つの木管ソナタ。(オーボエ・クラリネット・ファゴット)

サンサーンスというと19世紀の人という印象が強いが亡くなったのは第一次世界大戦が終わった後の1921年という事だから、実はドビュッシー(1918年没)の方が先に死んでた訳だ。

このくらいの時期になると、彼のスタイルは時代後れだったのかもしれないが、死ぬ間際に書いたというこの3つの小品も全く時代に媚びないサンサーンスらしい美しい曲である。特に死をイメージするようなものは全くない。でも聴いていて、人生の終わりが近い者にしか書けない様なはかなさを感じるときもある。

3曲の中では、「勿論ファゴットソナタが一番良い! 」と断言したいところだが、正直なところ、クラリネットソナタが圧倒的に素晴らしい名曲だと思う。だが、3曲並べて聴いてみるというのが、リスナーとしては一番良いなあと思う。他の作曲家のソナタは一概には言えないが、サンサーンスのこの3曲はそれで一つのセットになってるように感じる。

ただ、そういう形で演奏される事はあまりないみたい。CDも、そういう形で録音されてるのは殆どないようだし(うちにあるのは珍しいものらしい…)。

3曲続けて聴いてみたい方は是非とも私のお葬式に参列ください。でもまだ予定はたってませんので、あしからず。

 

2005/03/22追記
以前、ぼりすさんの書いたサン・サーンスのクラリネット・ソナタという記事に今回と関連したコメントをつけさせてもらいました。ご参照下さい。
posted by くあい at 00:30| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(1) | 音楽(リスナーとして) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はなんと言ってもフォーレのレクイエムです。

私の恩師の葬儀もこの曲でした。
生前、先生が「やっぱりフォーレクが良いな」って言ってたのを思い出し涙しました。

最後の曲でみんなに見送られたら幸せですな。
Posted by ホラ吹きトトロ at 2005年03月22日 12:51
そうですね、フォーレのレクイエムは横綱級の名曲だと思います、特にこういう目的にとっては。

私もそのうち気が変わってこっちに乗りかえるかもしれません。
Posted by くあい at 2005年03月22日 22:11
サン=サーンスのFg.ソナタ!私も好きですよ〜。
特に1楽章のふわっとして溶けそうなあたりが。(へんな表現でスミマセン。笑)
久しぶりにCDを出してきて聞いてます。

Posted by どみ at 2005年03月22日 22:25
どみさん、こんばんは。
サンサーンスのFgソナタは、知る人ぞ知るみたいな曲に思われてる節もあるので、知名度向上活動を鋭意推進中です(笑)。

ふわっとしてて溶けそうな1楽章って、よく曲の雰囲気出てますよ。
Posted by くあい at 2005年03月22日 23:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2472063
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

お葬式にかけたい曲
Excerpt: くあいさんの「お葬式にかけたい曲」を読んで、私も自分の葬式なら何をBGMにするか考えてみた。(結構マジメに。) マーラー 交響曲第5番のアダージェット 真っ先に思い浮かんだのはこの曲。ちょっとハデか..
Weblog: へっぽこ演奏家「どみ」の楽屋
Tracked: 2005-03-22 22:25

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。