2008年07月04日

クジラの彼(有川浩)

図書館内乱、塩の町、海の底と読んできて、今回は初めてこの作者の短編集です。が、直前に読んだ「海の底」の後日談が含まれていますのでとても入りやすかったですね。「海の底」はシチュエーション(巨大イセエビの大群に襲われて人間が喰われる)のためどちらかというとシリアスさが勝った印象でしたが、こちらはもうかなり気楽な、もう徹底的にラブコメな展開です。全編とも自衛隊絡みの(素人は普通は全く知らないような)ネタを基にしています。業務上がったばかりの潜水艦乗りは臭くてタクシーに乗るのを断られるとか(風呂になかなか入れない)、自衛隊の飛行機(輸送機)はトイレが個室になってないとか・・・。お話の流れ自体はまあまあ先読みできてしまうといえばできてしまう内容ではあるのですが、これらのネタを取っかかりにしてとても上手にお話が語られています。肩肘張らずに気楽に読めて楽しい作品集だと思います。

ちょっと距離を置いた上で読み始めたつもりだったがこの作者の作品ですが、なんだかすっかり結構はまってます。既に次に「レインツリーの国」を用意してあります。

クジラの彼クジラの彼
有川 浩

角川書店 2007-02
売り上げランキング : 3419

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



posted by くあい at 23:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 本(フィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

みんな幸せになってて、よかったですね。
ちょいと、うらやましかったぞ、コノ(笑

TB、コメントありがとうございました m(__)m
Posted by じゅずじ at 2008年07月14日 23:18
じゅずじさん、コメントありがとうございました。

おのろけといってしまえばそれまでですが、読んでてとてもハッピーになれるお話でした。特に「海の底」の続き2編はとても面白かったです。

いや、確かにうらやましいですね(笑)。
Posted by くあい at 2008年07月15日 07:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【クジラの彼】 有川浩 著
Excerpt: いい年した大人が活字でベタ甘ラブロマ好きで何が悪い! って、有川さんがおっしゃってるけど… それを好きで読んでる、50過ぎのオレはいったいどうすりゃいいんだい [:ムニョムニョ:] ..
Weblog: じゅずじの旦那
Tracked: 2008-07-13 13:13

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。